2016年02月17日

茶の湯歳時記同好会新聞 第37号 

聖なる人 浪人となった『高山右近』の茶の湯B  檀上宗厚

天正15年(1587)3月に、九州統一を目前にしていた島津を討伐すべく、
秀吉は九州攻めに右近と当時水軍を束ねていた小西行長とともに
海路を進軍した。

出兵に際して秀吉は右近と行長の父、小西隆佐に
肥前国を与えると語っていたらしく行長は畿内最大の港町、
堺ゆかりの人物であり文物に通じ、南蛮交易にも造詣が深く、
互いにキリシタン大名であった右近とは親密な交際を
保っていたのでございます。

5月には秀吉は島津氏を降伏させ九州を制圧したのです。
その帰途、筑前筥崎に宿営していた秀吉は、どうした事か
日本地区イエズス会の責任者ガスパール・コエリョに対して
伴天連追放令を宣言した。

その内容は『わが日本は神国であり、キリシタン達は
大切な神社仏閣を破壊している。日本人の志を尊び
次第に入信させるものと聞いていたが、
日本の仏法を破壊する行為は許し難し。
故に日本における宣教師は20日以内に日本国より退去せよ!
しかし黒船は貿易の為で支障なく南蛮貿易は続けよ。
今後仏法を破壊しないと誓うならば出入国は許す』
と書状を発布したのです。

takayamaukon.jpg

同時に秀吉は右近に棄教を迫り、
『キリシタンの教えは悪魔のものであり、
この様に武将の間に広まったのは右近の感化によるものである。
キリシタンの間では親兄弟の絆が固く天下の統治には
重大な障りなるであろう。城を与えた高槻の民と同様に明石の民の
キリシタンは寺社を破壊している。これは容認できない。
これに従えないなら太閤に仕える事はできない』と
従軍中の高山右近に対し通告したのです。

これに対し右近は『高槻、明石でのキリシタン急増は
自分がした事で殿下に対し何ら無礼をした覚えはございません。
全世界に代えてキリシタンの教えと
霊魂の救いを棄てる意思はありませぬ故、たってと仰せならば、
明石6万石は即刻殿下にお返し申し上げます』と答えた。

その場にいた者はうわべだけでも恭順するようにと促したが、
右近は速やかに『信仰に関し神を裏切る二枚舌は使えませぬ!
自分の意思を正しく殿下にお伝え下され』と晴れやかに告げる、
右近に使者も感動したと言われています。

これほどまでに一国を返上する覚悟と何事も真摯に取り組む武将は、
今まで経験のなかった秀吉は、右近の拒絶の返答を聞き
『武士らしい見事な態度で見習うべきでござる!』と
感ずるところがあったのでしょう。

山崎の合戦以来、秀吉の為に忠節を尽くしてきた右近の高潔な人格を
秀吉も高くかっていたのでございます。

始めから右近の拒絶に対し激怒と厳罰で答える気はしなかった秀吉は、
さらに右近の本心を確かめるために心変わりを誘おうと
再度使者を送り『お前が断固として棄教しないというなら、
本当に知行も大名の身分も没収いたすが、
一介の侍として生きようとするならば
肥後の佐々成政に仕えることは認める事にしよう。
しかし拒否するなら中国へ追放するが、返答を待っている』
と第二の通告をした。

しかし右近は動ぜず通告も毅然と拒否し
『佐々成政殿に仕える意思は毛頭ございません。
殿下が国外追放すると仰せならば、従う覚悟でございます』
と答えた。

また右近の能力を認めていた秀吉の意を受けて茶の湯の師、
千利休が説得に出向き
『右近殿、この度の事お考えをお改めされては
如何なものでしょう』と促したのですが、右近は
『利休様、師のご命であったとしても、侍である以上、
一度天に志したことを安易に変えることは出来ませぬ。
どうかお許し下さいませ』と答えたのです。

その報告を受けた秀吉の堪忍袋の緒が切れ怒りは爆発し
右近の改易と追放を決めたのでございます。

しかし、秀吉は右近を心から嫌っていたのでなく、
いつか改心する事を願っていたのです。

天下人は法を厳しく守り如何なる事柄も臆する事無く
決断するものですが、半面優しさも持ち合わせているものです。

その後、大友義統、蒲生氏郷、小西行長、有馬春信、黒田勘兵衛など
全てのキリシタン大名に、等しく棄教を迫ったわけでもない事から
よくわかります。せめての秀吉の優しさかもしれません。

 現在もなぜ高山右近を標的にあれほど執拗に棄教を迫り
他大名に対しては緩かったのか不可解でございます。

それからの高山右近は、流浪の身となり6万石の大名から浪人となって
キリスト教を布教行脚するのでございます。

                        (次号に続く)

posted by etchuya at 15:46| Comment(0) | 茶の湯歳時記同好会新聞

2016年02月09日

第2回 織部茶会について

平成28年、第2回目となる織部茶会は3月13日(日)に
開催されます。既にご予約されている方に、
時間指定付きお茶券を順次お送りしています。
お手元へ届くまでもうしばらくお待ちください。

oribe_chaken.jpg
※待ち時間なしの指定券となっておりますので、
各組の皆さまは開始時間の20分前までに待合までお越しください。

茶会詳細は以下のとおりです。

第2回 織部茶会

と き 平成28年3月13日(日)9:00〜15:00迄
ところ 尾道 浄土寺にて

▽ 濃茶席 遠州流 重文茶室「露滴庵」(三畳台目+相伴席)
▽ 薄茶席 速水流 重文建築「書院 梅の間」
▽ 懐 石 時代懐石 重文建築「方丈」※桃山時代の懐石を再現します
▽ 待 合 方丈 上段の間
▽ 定 員 60名様(予定枚数終了)

皆さまのご来庵を心よりお待ち申し上げます。

茶の湯歳時記同好会
 

posted by etchuya at 14:39| Comment(0) | 茶会・イベント情報