2016年10月31日

茶の湯歳時記同好会新聞 第40号(秋季号)「普陀洛迦渡海」 檀上宗厚

仏教の伝来(五三八年)により我が国は遣唐使を送り急速に
国交を深めて政治、経済、建築、法律、歴史、算術、音道、
書道など唐の文化を多く取り入れた。
七五二年九月には東大寺大仏蘆舎那仏が印度僧、菩提僊那を
導師として一万人の僧を招いて聖武天皇、光明皇太后、孝謙天皇の
参列の中で開眼大法要が盛大に行われ日本で初めて茶が
振るまわれたのです。
密教の開祖、空海も八〇四年に入唐して長安の青龍寺、恵果禅師より
真言密教を伝授され高野山金剛峰寺を開山した。当時は多くの学僧が
普陀山、五台山、峨眉山、九華山の寺院を訪れて修行したので
ございます。

平安時代(八五八年)に浙江省、舟山群島の小島、普陀山で慧鍔が開い
た観音堂を私が参拝したのは平成十年九月四日でございました。
南北8.6q、東西3.5q、面積は12.76平方qの南東部にある
洛迦山から普陀山を見ると龍が宝珠と戯れている様に見えるのです。
前漢の時代には『梅嶺』と云い、宋代にはサンスクリット語で
(potalaka)『美しい小白華』と呼ばれた。慧鍔は学僧として
最期の遣唐使船に乗り嵯峨天皇の皇太后、橘嘉智子から
『禅の教えを持ち帰る様に…』とご下命を賜り、八五一年九死に
一生を得て山西省五台山に着いた。
早速、皇太后の贈り物『宝幡(ほうばん)』(皇太后の御璽)・
『鏡奩(きょうれん)』(鏡の箱)等を顕通寺の義空和尚に届け、
我が国と禅宗の交流が始まったのです。

源氏物語の手本と称された嵯峨天皇は、長安にある嵯峨山の風土を
好まれ、唐風に平安京を碁盤の目に整備され朝廷の式や朝官の衣装、
礼服も唐風に変えられ、宴での料理も点心を取り入れて今に
伝わっているのです。

茶にも造詣が深く近江の唐崎行幸の際、梵釈寺の僧永忠が茶を献じて
普及に勤めるよう賜りました。念願の五台山顕通寺に赴いた慧鍔は
文殊菩薩に香を手向け合掌している時、今まで感じた事の無い強い
霊験を受けて御堂に導かれたのでございます。
それを見守っている観音堂脇陣の老僧に一礼すると
『遠い日本から良く来られた。寺に古くから伝わっている観音様があなたをお待ちし
ておられます。どうか日本にお持ちになられて衆生をお救い下さい』と渡された
観音様を見ると何かしら懐かしい父母に会った様な優しい眼差しが伝わり自然に
目に一杯の涙が溢れてきたのです。

kanon.jpg
普陀山の観音様

有難く観音様を抱いて大運河を乗り継いで、やっと寧波港から日本に向けて
出帆したのです。ところが舟山群島の普陀山近くになると突然舟が止まり
真黄色な泥水の中で立ち往生したのです。舟の周りの海面を見ると鉄の蓮の花が
何千何百と咲き乱れ行く手を阻まれて転覆しそうになったその時、
抱えている観音様に皆が手を合わせて救いを求め、

『慧鍔様、観音様がここを離れたくないと云われています』
『では一旦岸に舟を寄せましょう』

と慧鍔は、観音様を下ろすと忽ちの内に鉄の蓮の花は消えていったのです。
素直に不思議な力のある観音様と同道して、一緒に普陀山に残る事を
決めたのです。こうして慧鍔大師の『不肯去観音様(ふこうきょうかんのんさま)』は
立ち去る事がない仏様として潮音洞、双峰山の観音院に安置された
観音様の分身が世界に伝わり私達をお護りされています。
望郷の念を抱きながら観音様と帰国しなかった慧鍔大師は多くの島民に
見守られて示寂されたのでございます。
大師は平安時代から今も変わる事なく我が国を見守り、後光を放っておられます。 
posted by etchuya at 14:50| Comment(0) | 茶の湯歳時記同好会新聞

第8回 陣幕茶会

平成二十八年五月八日(日)、尾道の光明寺(御藤良基住職)において、
第8回目となる陣幕茶会が開催されました。光明寺は、尾道で力士を志し、
横綱まで上り詰めた「陣幕久五郎」の菩提寺であり、翁の偉業を讃える
名物茶会です。薫風の心地よい季節の恒例茶会となり、今回も県内外か
ら沢山の方が参加されました。

jinmaku-hoyo.jpg

朝八時三〇分より本堂で、久五郎翁の法要と、当日の茶席のお菓子を供え、
濃茶席の席主による供茶式も執り行われました。
来賓、お客様、席主、大勢の方々が参加されました。

濃茶席「桐の間」表千家友愛会

jinmaku-koitya.jpg

客殿の広間「桐の間」は、表千家流友愛会による濃茶席です。
友愛会としての懸釜は今回の陣幕茶会が初めてとなり、大勢のお客様が
この日を楽しみにされていました。「桐の間」のお床には、鳳凰の掛物が
掛けられています。古来から縁起の良い瑞鳥とされる鳳凰は、桐の木に宿り、
千年に一度実る竹の実を食べて永遠に生き続けるという故事をお席で
話されていました。点前座には横綱茶会を感じさせてくれる大きな俵の
水指が取り合わせてあります。お席の雰囲気が大変素晴らしく、
熱意のあるおもてなしにお客様は大変喜んでおられました。

相撲甚句 尾道陣幕久五郎会

jinmaku-jinku.jpg

午前十一時、陣幕翁の墓前では、尾道陣幕久五郎会(村上隆会長)の
皆様による相撲甚句が披露されました。拍子木が鳴り始め「あ〜ド
スコイ〜ドスコイッ!」という合の手が入る相撲甚句は、見たり聴いたり
する機会が少ないので、初めて甚句を楽しんだ方も多かったようです。
陣幕茶会の為に書き下ろされた甚句で、光明寺だけで聴く事の出来る
演目です。江戸時代の風流を感じました。

薄茶席「本堂」光明寺亀息会

jinmaku-usutya.jpg

本堂では、光明寺亀息会による薄茶席です。今回は、いつもよりゆっくりと
過ごして頂けるようにと、住職が立礼席を準備して下さいました。
床には、尾道出身で日本を代表する女流画家のひとり平田玉蘊筆富士ノ
絵が掛けられています。陣幕翁と玉蘊は江戸後期の同時代を生きた人です。
薄茶が点てられると、住職自らがお茶をお客のもとへ運ばれました。

点心席

jinmaku-tensin.jpg

客殿の亀遊の間では、池を眺めながら季節の点心が楽しめます。
今回も大変な賑わいとなりました。





posted by etchuya at 11:03| Comment(0) | 茶の湯歳時記同好会

2016年10月19日

HAPPY & BEAUTY コンサート

三原ポポロ・ホワイエにて、フェリスの会主催、
『イルミネーション + コンサート + 薄茶席』の
光と音、茶の湯のコラボレーション企画です。
薄茶席は、茶の湯歳時記同好会のメンバーが担当されます。
是非ご参加ください。

「洋と和の心にオマージュ」

【と き】平成28年11月11日(金)
     開場18:00~ 開演18:30~
【ところ】三原 ポポロホワイエ
【出 演】フルート 大澤明子 
     ピアノ  山地真美
     薄茶席  表千家流竹内社中
【曲 目】当日のお楽しみ

【会 費】2,500円(税込)前売り券のみ
【主 催】フェリスの会 
     問い合わせ先 砂原 090-7976-1117 



posted by etchuya at 15:26| Comment(0) | 茶会・イベント情報