2018年04月23日

第1回 極楽寺花まつり茶会 レビュー

4月1日(日)、ダルマのお寺で有名な三原の極楽寺(石井真誉住職)に於いて、
第1回目の「極楽寺花まつり茶会」が開催されました。
境内の桜も満開で、約120名の方がお出でになりました。天満祥典三原市長もご
来席下さり御祝いの言葉を頂きました。

hanamaturi1.jpg

法要の後、ご本尊に対して供茶が行われました。

hanamaturi2.jpg

4月8日はお釈迦様の生誕祭です。極楽寺の念仏会は今回で590回目となります。
住職による「お釈迦様と花まつり」と題した法話ではお釈迦様の一生について解りやすく
お話になられ、極楽寺の歴史についても知ることが出来ました。

お釈迦様は、シャーキャ族の王子として生まれ裕福に暮らしていましたが、
四門(東門…老人、南門…病人、西門…死者、北門…沙門)に会い、人間の四苦から
人々を救うことを願い29歳の時に出家、35歳の時に菩提樹の下で悟りを開きました。

hanamaturi3.jpg

本堂では、花御堂に小さなお釈迦様像が祀られています。御堂はお釈迦様が生ま
れたルンビニ園を表現したものです。お釈迦様が生まれた時、九匹の龍が現れて
甘露の雨が降り注いだという言い伝えがあります。

hanamaturi4.jpg

参加者の皆様は、この伝説に基づいて花御堂の中のお釈迦様に甘茶を注いで、
生誕を祝いました。参加者の皆様に甘茶が振る舞われ、とても有り難い甘茶席となりました。

hanamaturi5.jpg
甘茶をかける玉壷会・難波幸一会長

法話の後、書院では薄茶席が始まりました。担当は、地元三原市の茶の湯歳時記
同好会会員表千家流です。書院の障子を開け、春爛漫の庭を見ながらのお席です。
時折、桜の花が風に吹かれて桜吹雪となって庭に降りてきます。お床の花入には、
席主がこの日の為に準備した見事な牡丹が入れられています。
お席の取合せもお釈迦様の生誕と、出家される姿などの仏教の物語に基づいた
世界観がとても上手に表現され、お客様方に大変喜ばれました。

hanamaturi6.jpg

hanamaturi7.jpg

お客様の中に、茶会の日が還暦の誕生日と重なった方がおられました。
「とても素晴らしいお茶席で、私も生まれ変わったような気が致しました。
これからの人生に前向きな気持ちになりました。」という大変有り難い
お言葉を頂きました。

hanamaturi8.jpg

点心は本堂と境内全域がお席になりました。縁側に毛氈を敷いて桜を眺めながら
楽しまれる方、甘茶を楽しまれる方、七千体のダルマを集めた青山記念堂や、
隆景公ゆかりの新高山城より移築した山門(市重文)を見学されるなど、
皆様は一日をゆっくり楽しまれている様子でした。

hanamaturi9.jpg
桜の木の向こうに見えるのが、新高山城より移築した山門(市重文) 

posted by etchuya at 11:03| 茶の湯歳時記同好会