2017年01月14日

第2回 寺宝茶会 浄土寺開創1400年記念 レビュー 

平成28年10月9日(日)、浄土寺(小林暢善住職)にて、
寺宝特別公開とともに重文建築群に親しむ秋の茶会として
茶の湯歳時記同好会主催(全国に会員四百名)、第2回
寺宝茶会が開催されました。

jihou1.jpg

今回は、浄土寺開創一四〇〇年並びに大修理完成記念にあたり、
浄土寺様の全面的なご協力による@秘仏「十一面観世音菩薩」
特別拝観と祈願札A聖徳太子・南無太子像展観B境内の重文建築群
及び、宝物館拝観C開創一四〇〇年御開帳記念散華進呈
D弘法大師の振舞料理を再現E薄茶席では、金剛流御詠歌と舞踊を
お聴き頂けるという、特典いっぱいの茶会になりました。

濃茶席

jihou3.jpg

濃茶席は裏千家が担当されました。露滴庵次の間にて、名残の季節の
鉄ヤツレ風炉に、藁灰を一本づつ丁寧に敷き詰めた灰景は、裏千家
独特の灰景です。亭主の心入れで、大変喜ばれました。
歴史深い露滴庵に、大変調和した取り合わせと、亭主の和やかで
落ち着いたお人柄や雰囲気が席に顕れているように思いました。
重文露滴庵の濃茶席は、不思議とゆったりとした空気が流れています。

薄茶席

jihou2.jpg

薄茶席は表千家流です。こちらは表千家らしい名残の季節の茶席と
なりました。露滴庵と梅の間の、それぞれの流派の名残の設えの違いは、
とても興味深いものがあります。徳川家お庭焼の鳳凰風炉は、貼付壁、
書院造りの梅の間の風情に非常に良く調和しています。
梅の間の襖は、福山藩御用絵師藤井松林によるもので、上流の滝から
海へと濯ぐまでの風景が描かれています。
亭主は卆寿を迎えられた先生で、若い世代へ美しい茶の湯の文化を伝え
たいと懸釜下さいました。亭主との会話も弾み、主客一体感のある
非常に素晴らしいお席となりました。

jihou4.jpg

薄茶席の次の間では、茶席が始まる前に、高野山金剛流御詠歌、
金永清純氏による御詠歌と、舞踊が披露されました。
十一面観世音菩薩様の特別公開に合わせて、仏教色豊かな演出とな
りました。御詠歌は濃茶席、薄茶席、待合に届きました。

点心席

jihou5.jpg

方丈の点心席では、「弘法大師の振舞料理」が再現されました。
弘法大師は、寺院での料理に関しても豊かな才能に恵まれた方でした。
「振舞の料理」は、弘法大師がお客をもてなす為に考案した料理と
言われています。質素な食材を、華やかに演出した興味深い料理でした。

2017年の秋、寺宝茶会は、茶の湯歳時記同好会行事から拡大され、
浄土寺の行事に組み込まれます。現在の規模から、定員も増える事に
なりました。次回もお楽しみに!


posted by etchuya at 10:34| Comment(0) | 茶の湯歳時記同好会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: