2017年04月11日

茶の湯歳時記同好会新聞 第43号(夏季号)

「三原築城450年、小早川隆景公を偲んで」 檀上宗厚

『檀上さんですか、小早川でございます。ご無沙汰しています。お元気ですか?』
実は千人茶会にお出まし下さる様にと文を小早川家ご当主隆治様にお届けして
いました。五年前に大徳寺黄梅院で隆景公四一四年忌の法要、追善茶会に招かれ
ました折にお目通り頂きました。『千人茶会には参ります』と仰せで嬉しく存じ
ます。

草案より二年、不思議な事に浄土寺平成大修理の落慶近き時に千人の茶人を
三原の寺院にお招きする茶会を思いつきました。これも観音様のお陰でござい
ましょう。昨年の師走に寺院担当の上田嘉信様と席主の皆様とご一緒に11カ所の
お寺をお訪ねしました。流石に大名の菩提を弔うお寺でございます。茶会場とし
て快くお引き受け下さり、住職様の一言一句やお話に感銘を受けました。意が通
じたのでしょう新年より全国から茶会券の注文を頂き、何もかも順調に運び、
隆景公のご遺徳の現れでございましょう。

小早川家は相模国の土肥郷から発祥し平安時代よりの名家でございます。関東よ
り安芸国沼田荘の地に移り住み地頭職を継承して四代茂平から本郷町の山城を居
城としていたのです。相模国小田原城は二代小早川遠平が築城したものでござい
ます。時を経て戦国時代には領内の統治、権力誇示を併せ住居を共にする平城に
なったのでございます。竹原小早川家は毛利家と姻戚にあり、元就の三男の徳寿
丸は13歳で養子縁組が結ばれ、後には沼田・竹原両家の頭領を継承する事になる
のでございます。

本年で築城四五〇年を迎える三原城は隆景公が35歳の時二十数年の歳月をかけて
築城したもので、落慶の時には新高山城にある寺院を三原城の護りの要として
山麓に移築したのです。しかし戦国の世は戦への道は果てしなく続き、
秀吉の軍門に下り長曾我部元親を果敢に攻め軍功により伊予国三十五万石を
賜った。

miharajo.jpg
備後国三原城絵図 江戸時代後期頃

昨年は12月に聖トマス少年の茶会を行いましたがキリシタンに寛容な、隆景公の
事績が松山にもございました。ルイスフロイスが本国に伝える手紙に『村上水軍の
仲立ちでコエリュ神父一行が伊予国に着いた。その国は小早川が多勢の使役をして
高く美しい城を築いていた。小寺官兵衛を通じて伝えていたので武士が一隻の船を
海上へ遣わしてくれました。城までは遠くであったが、非常に立派な屋敷を宿舎と
して提供してくれました。この町はお城より一里程のところに道後という伊予国で
最も主要な町があるらしい。神父はお礼にと非常に高い山にある新しい城に小早川氏
を訪ねた。仕事をやめて大いなる名誉と手厚いもてなしで司祭を迎えてくれた』
と伝えているのです。

この手紙の武士は小早川隆景の異母弟で養子の元総(もとふさ)であり次代を担う隆
景の後継者でございました。備中高松城の戦で清水宗春との講和により元総、
吉川広家、重臣福原元俊の三人は人質として大阪城に送られ、元総だけが帰国を
許されず『秀』の一字を与える程に秀吉に寵愛を受けた若武者、小早川秀包(ひで
かね)は素晴らしい武将であったのでございます。大友宗麟の娘を娶り、戦には
すこぶる強く小牧長久手の戦、備中高松城の戦、四国、九州征伐に父、隆景を支え
教えを乞い親子の絆は羨望の的でござった。常に片腕となって忠義を果たし戦功
を挙げて伊予大和大津城三万五千石の城主となる一方、隆景も軍功により筑前、
筑後、肥前に三十七万七千三百石を拝領して、筑前に名島城を築いた。

宗湛日記によれば太閤秀吉公や諸大名を城に招き連日の茶会を行っていたと
記されています。豊臣政権の五大老となり、知勇兼備にして抜群なる信頼を得て
名将と謳われたが、天命なのか秀吉の甥、羽柴秀俊(秀秋)が毛利本家の養子の
候補にと聞きつけた隆景公は、毛利の存続を考慮して急遽、秀秋を小早川家の
養子にと秀吉に名島の家督を譲る事を願い出るや『天晴なり!』と、筑前三郡
より五万一五〇石、本貫地毛利家より六万六千石の知行を以て三原城に隠居し
たのでございます。

思慮深い隆景公は早々に秀包を伊予より呼び寄せて久留米に分家を立て面目を
保持したのです。秀包はこの事に動ずる事なく大極を見つめて親交をもって
立花宗茂と義兄弟の契りを結んだ。ともに文禄の役にも出陣して碧締館の戦には
大将の隆景を助けて明国の大軍を破り人知れず不敗の名将であったのです。
隆景の死後、秀秋と秀包は関ヶ原の戦では東西に別れ戦ったがその後、秀包は
小早川姓から毛利姓に復して大徳寺で剃髪し仏門に入り玄濟道叱と名乗りましたが
長門赤間関で35歳の若さで示寂したのでございます。

takakage_shouzo.jpg

隆景公の遺文には、
『人は、天から与えられた道を、自分の力で進むものである』
と伝えています。

隆景公の次代を継ぎ、穏やかに担うべきの小早川秀秋、公の遺文に忠実に生きた
小早川秀包、ともに、戦国の世で義兄弟であった小早川家ゆかりの二大名の遺徳を
千人茶会で偲ぶ事が出来れば隆景公もお喜びになられる事でございましょ
う。(秋季号につづく)



posted by etchuya at 10:29| Comment(0) | 茶の湯歳時記同好会新聞
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: