2017年10月19日

第34回松江城大茶会バスツアー

茶の湯歳時記同好会の独自企画「第34回松江城大茶会バスツアー」
へ行って参りました。40名様が参加下さいました。
茶の湯歳時記同好会は毎年、亭主側を勤めさせて頂きましたが、
今回は親しくさせて頂いている方々のお席に客として参加致しました。

天候は曇り、やまなみ街道を貸切バスが走って行きます。
車内では松平不昧公のお話、これまでの活動を振り返ったり、とても
思い出深いものです。そんな時、バスに不具合が…。
世羅のサービスエリアで停車して、替えのバスに乗り換える事になりました。
予定より40分程遅れてバスは発車、松江城を目指します。
松江に到着後、宍道湖畔のしじみ館で昼食、大急ぎでお城に移動です。

DSC_0362.JPG

松江城に着くと、いつもお席でお世話になっている方に合流しました。
茶人であり、松江の茶の湯の研究家でもある氏は、不昧公ゆかりの
華蔵寺(けぞうじ)の護持に尽力されている方です。6月には京都で
松平不昧公の茶席についての研究発表をされ、茶道文化に貢献されています。

前日は大雨だったそうで、とても準備が大変だったと思います。
しかし到着した頃には陽が差して心地よい一日です。

不昧流大円会薄茶席

DSC_0347.JPG

最初に不昧流大円会のお席に参りました。
不昧流の皆様は、尾道陣幕茶会で不昧流のお茶を披露下さいました。
お席は、葦簾と流派の幕、木地の立礼卓で、秋の野点の雰囲気が漂って
いました。お菓子は秋色、とても感じ良い薄茶席です。
大円会の皆様と再会を喜びあい、とても楽しいお席でした。

薮内流福田随竹庵薄茶席

DSC_0355.JPG

随竹庵の若宗匠は、昨年の私共の席にお客様としてお出で下さいました。
今年の松江城茶会で懸釜されると伺い、今度は我々が客になりました。
若宗匠自らお点前して下さいました。道具を扱う前に、まず目で見定めてから
手に取られる姿がとても印象的でした。お席全体に心地よい緊張感があって、
礼節を感じるお席でした。お点前の後、薮内流の事、お道具の事など非常に
解りやすく説明下さいました。

DSC_0363.jpg

午後4時頃松江を出発、尾道へ帰るともう日も暮れていました。
ちょうど尾道では、「灯りまつり」で、尾道じゅうのお寺が子どもたちの
造った灯籠でライトアップされていました。
毎年松江に出かけていましたので、考えてみれば久しぶりに見る
尾道の「灯りまつり」でした。


posted by etchuya at 15:15| 茶の湯歳時記同好会