2017年10月30日

第14回 尾道源氏絵茶会レビュー

平成29年10月22日、第14回目となる尾道源氏絵茶会が浄土寺にて
開催されました。前日からの台風の影響で、当日も大雨となりましたが、
約200名のお客様、遠くは滋賀県からもご参加下さいました。

genji1.jpg

今回の特別企画は、観世流重要無形文化財保持者、吉田潔司先生による講演、
「能と源氏物語」が阿弥陀堂で開催されました。源氏扇面屏風(市重文)と
ともに、旧肥後藩、細川家伝来の唐織装束(花入亀甲地団扇地紙文様唐織、
金地撫子蝶文様唐織)が二両、能で使用される表五種(小面、若女、増女、
増髪、泥眼)、扇が展観されました。

genji2.jpg
阿弥陀堂での展観の様子

吉田潔司先生は、源氏物語のシテに選ばれた女主人公として葵の上、明石の君
など6名を紹介して、謡と解説を交えて、源氏物語と能楽の関係を披露下さいました。

genji3.jpg
講演の様子

お茶席は、方丈の間で、裏千家淡交会尾道支部による濃茶席と、書院梅の間では
速水流滌源会尾道支部による薄茶席が設けられました。
どちらも重文の茶席で、源氏物語の風情に合う、雅な取り合わせで、来場者を
楽しませてくれました。

genji4.jpg
裏千家濃茶席の様子

genji5.jpg
速水流薄茶席の様子

点心席は庫裏と客殿です。担当は、茶の湯歳時記同好会です。
高坏に盛り付けた点心が大変喜ばれました。

genji6.jpg
点心席の様子

午後から台風接近の予報にも関わらず、お茶会、講演会にご参加下さいまして
誠にありがとうございました。

posted by etchuya at 14:16| 茶の湯歳時記同好会