2018年12月29日

第15回 尾道源氏絵茶会 レビュー

平成30年10月28日(日)尾道市の浄土寺(小林暢善住職)に
於いて、第15回目となる「源氏絵茶会」が開催されました。
源氏扇面屏風特別公開に加え、今回は特別企画として、
サントリー美術館 主任学芸員 上野友愛氏による記念講演
「せんすでリメイク〜源氏物語絵扇面散屏風の世界〜」が
開催されました。広島県内外から、約200名のお客様が参加されました。

DSC_1667.JPG

方丈の濃茶席では速水流尾道支部が担当されました。
床には有栖川宮幸仁親王御筆の和歌懐紙が掛けられるなど、
宮中の茶、速水流の特色を生かしたお席になりました。
第1回目の茶会記をもとに、真台子の濃茶席を再現され、
節目の年に相応しい格調の高い取り合わせでした。

DSC_1658.JPG

書院は、茶の湯歳時記同好会、表千家流による薄茶席です。
源氏絵扇面散屏風展観に添えて、とても華やかで上品な
薄茶席となりました。
主茶碗は、第1回目の源氏絵茶会の時に、特別に製作された
「浄土寺本 源氏絵 賢木」が取り合わせられました。

DSC_1680.JPG

源氏絵扇面散屏風が展観された阿弥陀堂では、サントリー美術館
主任学芸員上野友愛氏による記念講演「せんすでリメイク〜源氏物語
絵扇面散屏風の世界〜」が開催されました。

浄土寺の源氏絵扇面散屏風は、室町時代現存最古と考えられる貴重さや、
扇面の配置の妙味などを詳しく説明されました。随所に親しみやすい
雰囲気の講演でした。

「源氏絵扇面散屏風」は、サントリー美術館展観の後、
ニューヨークのメトロポリタン美術館でも披露される予定です。
尾道浄土寺の宝物が世界に紹介され、大変喜ばしい事と思います。

DSC_1666.JPG

DSC_1677.JPG

点心席の担当は、裏千家尾道支部の皆様です。
庫裏と客殿を点心席に使わせて頂きました。沢山のお客様で、
とても賑わっていました。

三流派が協力しあって、大きなお茶会に臨むのも、流派を超えて
出会いの場になるように思います。
お寺に人が集まって、学びや出会いの場になることは、将来に向けて
とても意味ある事と思います。




posted by etchuya at 18:30| 茶の湯歳時記同好会

2018年12月26日

第1回 大慶茶会 レビュー

平成30年10月14日(日)、尾道の浄土寺(小林暢善住職)に於いて、
大慶茶会が開催されました。大慶茶会は、年祝いや慶事を会員の
皆様と一緒にお祝いする事を目的に企画した茶会です。

第一回目は、尾道市、三原市で六〇有余年の永きに亘って産婦人科医として
貢献された難波幸一先生の卆寿を祝うお茶会です。天候にも恵まれ、
沢山のお客様が参加されました。

taikei1.jpg

重文「露滴庵」が濃茶席となりました。茶の湯歳時記同好会会員の
皆様の他、三原ロータリークラブの皆様など、地元の名士の方々、
沢山の参加者で賑わい、重文の中でのお祝いの茶会が大変喜ばれました。
ご家族の皆様がお点前をされ、お菓子を運び出されました。

taikei2.jpg

taikei3.jpg

お席の床には、「廓然」の横幅が掛けられました。
「心が広々としていて、わだかまりなど何も無いこと」を表現した
達磨大師の言葉は、難波先生の心境そのもののように思われました。
花は酔芙蓉。お酒をこよなく愛される先生の為に、奥様が選ばれた花です。
お昼近くには、酔芙蓉も色付いてきました。お席でのご夫妻と
お客様との会話の中には、懐かしい思い出とともに人生を回想され、
とても和やかで、温かい雰囲気でいっぱいになりました。

薄茶席は方丈の間です。
こちらは難波先生の社中の皆様が担当されました。

taikei4.jpg

taikei5.jpg

永く表千家流の茶道に専念されて来られ、お床には即中斎宗匠の一行書が
掛けられました。「一日清閑一日福」という文句は、卆寿を迎えた先生に
相応しい取り合わせとなりました。
方丈の間は、広々としてとても寛いだ雰囲気となりました。
お菓子は秋に相応しい吹き寄せです。

taikei6.jpg

庫裏が点心席になりました。
二段重のお祝い膳で、皆様にとても喜ばれました。

taikei7.jpg

参加者の言葉を頂戴いたしました。
「私はこれまで、色んなお祝いの席に出席してきましたが、
重文の茶室の中でのお祝いの席は初めてでした。とても心に残る一日でした。
本日はおめでとうございます。」




posted by etchuya at 09:53| 茶の湯歳時記同好会

2018年08月31日

第1回 法常寺隆景公茶会 レビュー

平成30年6月10日(日)、三原市の法常寺(神原祥弘住職)に於いて、
三原築城451目の隆景公茶会が開催されました。三原市の文化を伝える
玉壷会(難波幸一会長)による茶会です。

法常寺は、隆景公が慶長2年(1597)6月、三原城にて死去された時に、
極秘裏の内に葬儀が執り行われ、境内にて荼毘に付されたお寺です。
今も火葬された場所は大切に伝えられており、祠が建てられています。
三原城を取り囲む寺院群の中でも最も西に位置する法常寺本堂は、
あたかも城廓のような構えをしており、西の備えとも言われています。

houjoji1.jpg
法常寺本堂。山門から境内まで枡形構造のある珍しい造りです。

houjoji10.JPG
隆景公を火葬した敷地。現在は祠が建てられて保存されています。

茶会当日には、法要に先立って天満祥典三原市長がご挨拶をされました。
三原築城451年目、三原市の新しい50年の歴史の皮切りの行事として、
茶の湯歳時記同好会に対してお祝いと激励の言葉を頂戴致しました。

houjoji2.jpg
天満祥典三原市長の祝辞。

続いて神原祥弘住職による法要が執り行われました。
祭壇には、小早川隆景公御位牌と木像座像が安置され、
玉壷会難波幸一会長による供茶式がございました。

houjoji3.jpg

houjoji4.jpg

濃茶席は法常寺書院。
席主は隆景公に対して追善の意を込められました。
床には大徳寺禅僧の横幅、前には胡銅花入に、黄金色の河骨が一輪
入れられました。河骨は、千利休が好んで茶会に用いた花と言われています。
利休百会記には隆景公の名も見られ、隆景公も利休の茶会で、この花を
楽しまれたかも知れません。

houjoji6.jpg
濃茶席の様子

薄茶席は、本堂東の間。
本堂脇の大きな床の間に相応しい大きな一行書が掛けられました。
古人の風流を表現した大徳寺禅僧の墨蹟で隆景公の偉業を偲びながら、
初夏の季節感豊かな薄茶席となりました。

houjoji7.jpg
薄茶席の様子


記念講演「小早川隆景公と法常寺」

本堂では午前11時から神原祥弘住職による講演が行われました。
隆景公の一生と、三原城築城による法常寺の意味や歴史がとても
解りやすい構成で知る事ができました。
本堂では、終日、寺宝の小早川隆景公御位牌と木像座像展観され
皆様が近くで手を合わせられました。

houjoji5.jpg

houjoji8.jpg

点心席では、地元の食材を使った点心が振舞われ、一日ゆっくりと
法常寺隆景公茶会を楽しまれました。
法常寺は、小早川隆景公の遺徳を忍ぶ事のできる数少ない史跡の
ひとつです。近年は全国から隆景公なファンが訪れるように
なったそうです。是非皆様も法常寺に参拝下さい。

posted by etchuya at 15:15| 茶の湯歳時記同好会