2017年04月11日

第1回聖トマス小崎茶会 レビュー

平成28年12月3日(土)、三原カトリック協会(アルナルド・ネグリ神父)に於いて、
第1回聖トマス小崎茶会が開催されました。トマス小崎は、桃山時代の人で、
禁教令下、手足を繋がれて京都から長崎への九〇〇kmに及ぶ殉教の途にあった
26人の敬虔なキリシタンひとりでした。
雪が舞う三原城では慈悲深い小早川隆景公が食と薬、一夜を与え、そして14歳だった
トマス小崎少年は、三原城内で伊勢の母に宛て最期の文をしたためました。
この一行は、ルイスフロイスによって、日本の二十六聖人としてバチカンに
伝えられ、三原(miwara)の地名も書き残されています。

tomasu2.jpg
供茶式の様子(トマス小崎殉教碑前)

午前9時より聖トマス小崎殉教碑前にて玉壷会会長、難波宗幸氏による供茶式が
執り行われました。銅像の脇に立礼式の点前座を設け厳粛な雰囲気でお茶が点て
られて行きます。釜からは素足のままの小崎像に向けて茶烟が上がります。正装
したカトリック協会のネグリ神父と侍者によってお菓子とお茶が供えられました。
トマス小崎と26聖人に対する供茶式は、今回が初めての事で、天満祥典三原市長も、
お忙しい中駆けつけて下さいました。沿道には沢山の人が供茶式を見守り、
掌を合わされました。

tomasu3.jpg

供茶式終了後、カトリック教会で薄茶席が始まりました。教会の中央には、
トマス像と、クリスマスの飾り付けがしてあります。教会の中でのお茶席も
初めての試みで、お客様方も大変楽しみにしておられました。
お席には、二十六聖人に想いを馳せ、追善の意を込めた取り合わせと共に、桃山
時代のキリシタンや茶人たち、様々な世界の文化が交流した時代背景にまで話題
が登りました。利休七哲にはキリスト教徒も多く、洗礼名を持った茶人も少なく
ありません。昔、京都や堺の教会では、畳を持ち込んでの「教会茶会」が頻繁で
あったかも知れません。そういった雰囲気を感じる事の出来る素晴らしいお席で、
ネグリ神父によるトマス小崎のお話も大変興味深いものでした。

tomasu4.jpg

今回のお茶会のもうひとつの見所は、広島平和記念聖堂、山口ザビエル聖堂、
国際基督教大学、広島サンプラザ等でコンサート活動を行うプロのパイプオルガン
奏者、吉田仁美氏のご奉仕による演奏で、茶会前から大変話題になっていました。
お茶席の始まりと終わりに、教会に響くパイプオルガンの調べは、お茶席の
雰囲気と余韻を一層深めてくれました。お客様の中には生のパイプオルガンの音
を初めて耳にする人も少なくありませんでした。クリスマス曲、賛美歌の他、ク
ラシック音楽も披露され、迫力ある演奏でした。

tomasu5.jpg

点心席は、地元三原の食材を使ったクリスマスの点心が振る舞われました。
お昼前から大変な賑わいで、トマス小崎と26聖人の映画も放映されました。

聖トマス小崎茶会開催に際して、企画段階から最大限のご協力を下さいました
カトリック教会ネグリ神父、茶会準備に際して、トマス像敷地や教会を綺麗に清め
られ、快くご奉仕下さいました教会関係者様、シスター方々、素敵な演奏をご奉仕
下さいました吉田仁美様に深く感謝申し上げます。
 

posted by etchuya at 10:44| Comment(0) | 茶の湯歳時記同好会

2017年01月14日

第2回 寺宝茶会 浄土寺開創1400年記念 レビュー 

平成28年10月9日(日)、浄土寺(小林暢善住職)にて、
寺宝特別公開とともに重文建築群に親しむ秋の茶会として
茶の湯歳時記同好会主催(全国に会員四百名)、第2回
寺宝茶会が開催されました。

jihou1.jpg

今回は、浄土寺開創一四〇〇年並びに大修理完成記念にあたり、
浄土寺様の全面的なご協力による@秘仏「十一面観世音菩薩」
特別拝観と祈願札A聖徳太子・南無太子像展観B境内の重文建築群
及び、宝物館拝観C開創一四〇〇年御開帳記念散華進呈
D弘法大師の振舞料理を再現E薄茶席では、金剛流御詠歌と舞踊を
お聴き頂けるという、特典いっぱいの茶会になりました。

濃茶席

jihou3.jpg

濃茶席は裏千家が担当されました。露滴庵次の間にて、名残の季節の
鉄ヤツレ風炉に、藁灰を一本づつ丁寧に敷き詰めた灰景は、裏千家
独特の灰景です。亭主の心入れで、大変喜ばれました。
歴史深い露滴庵に、大変調和した取り合わせと、亭主の和やかで
落ち着いたお人柄や雰囲気が席に顕れているように思いました。
重文露滴庵の濃茶席は、不思議とゆったりとした空気が流れています。

薄茶席

jihou2.jpg

薄茶席は表千家流です。こちらは表千家らしい名残の季節の茶席と
なりました。露滴庵と梅の間の、それぞれの流派の名残の設えの違いは、
とても興味深いものがあります。徳川家お庭焼の鳳凰風炉は、貼付壁、
書院造りの梅の間の風情に非常に良く調和しています。
梅の間の襖は、福山藩御用絵師藤井松林によるもので、上流の滝から
海へと濯ぐまでの風景が描かれています。
亭主は卆寿を迎えられた先生で、若い世代へ美しい茶の湯の文化を伝え
たいと懸釜下さいました。亭主との会話も弾み、主客一体感のある
非常に素晴らしいお席となりました。

jihou4.jpg

薄茶席の次の間では、茶席が始まる前に、高野山金剛流御詠歌、
金永清純氏による御詠歌と、舞踊が披露されました。
十一面観世音菩薩様の特別公開に合わせて、仏教色豊かな演出とな
りました。御詠歌は濃茶席、薄茶席、待合に届きました。

点心席

jihou5.jpg

方丈の点心席では、「弘法大師の振舞料理」が再現されました。
弘法大師は、寺院での料理に関しても豊かな才能に恵まれた方でした。
「振舞の料理」は、弘法大師がお客をもてなす為に考案した料理と
言われています。質素な食材を、華やかに演出した興味深い料理でした。

2017年の秋、寺宝茶会は、茶の湯歳時記同好会行事から拡大され、
浄土寺の行事に組み込まれます。現在の規模から、定員も増える事に
なりました。次回もお楽しみに!


posted by etchuya at 10:34| Comment(0) | 茶の湯歳時記同好会

2016年10月31日

第8回 陣幕茶会

平成二十八年五月八日(日)、尾道の光明寺(御藤良基住職)において、
第8回目となる陣幕茶会が開催されました。光明寺は、尾道で力士を志し、
横綱まで上り詰めた「陣幕久五郎」の菩提寺であり、翁の偉業を讃える
名物茶会です。薫風の心地よい季節の恒例茶会となり、今回も県内外か
ら沢山の方が参加されました。

jinmaku-hoyo.jpg

朝八時三〇分より本堂で、久五郎翁の法要と、当日の茶席のお菓子を供え、
濃茶席の席主による供茶式も執り行われました。
来賓、お客様、席主、大勢の方々が参加されました。

濃茶席「桐の間」表千家友愛会

jinmaku-koitya.jpg

客殿の広間「桐の間」は、表千家流友愛会による濃茶席です。
友愛会としての懸釜は今回の陣幕茶会が初めてとなり、大勢のお客様が
この日を楽しみにされていました。「桐の間」のお床には、鳳凰の掛物が
掛けられています。古来から縁起の良い瑞鳥とされる鳳凰は、桐の木に宿り、
千年に一度実る竹の実を食べて永遠に生き続けるという故事をお席で
話されていました。点前座には横綱茶会を感じさせてくれる大きな俵の
水指が取り合わせてあります。お席の雰囲気が大変素晴らしく、
熱意のあるおもてなしにお客様は大変喜んでおられました。

相撲甚句 尾道陣幕久五郎会

jinmaku-jinku.jpg

午前十一時、陣幕翁の墓前では、尾道陣幕久五郎会(村上隆会長)の
皆様による相撲甚句が披露されました。拍子木が鳴り始め「あ〜ド
スコイ〜ドスコイッ!」という合の手が入る相撲甚句は、見たり聴いたり
する機会が少ないので、初めて甚句を楽しんだ方も多かったようです。
陣幕茶会の為に書き下ろされた甚句で、光明寺だけで聴く事の出来る
演目です。江戸時代の風流を感じました。

薄茶席「本堂」光明寺亀息会

jinmaku-usutya.jpg

本堂では、光明寺亀息会による薄茶席です。今回は、いつもよりゆっくりと
過ごして頂けるようにと、住職が立礼席を準備して下さいました。
床には、尾道出身で日本を代表する女流画家のひとり平田玉蘊筆富士ノ
絵が掛けられています。陣幕翁と玉蘊は江戸後期の同時代を生きた人です。
薄茶が点てられると、住職自らがお茶をお客のもとへ運ばれました。

点心席

jinmaku-tensin.jpg

客殿の亀遊の間では、池を眺めながら季節の点心が楽しめます。
今回も大変な賑わいとなりました。





posted by etchuya at 11:03| Comment(0) | 茶の湯歳時記同好会